クリード 炎の宿敵 ネタバレあり

クリード 炎の宿敵鑑賞してきました

原題 クリード 2

2018年 アメリカ

配給 ワーナー・ブラザース映画

監督 スティーブン・ケイプル・Jr.

キャスト

主演 マイケル・B・ジョーダン

シルベスター・スタローン

テッサ・トンプソン

ドルフ・ラングレン

フロリアン・ムンテアヌ

概要

「ロッキー」シリーズを新たな主人公アドニスの物語として復活させ、世界中で好評を博した「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。「ロッキー4 炎の友情」で、アドニスの父であり、ロッキーの盟友だったアポロ・クリードを葬ったイワン・ドラコの息子ヴィクターが登場し、アドニスが因縁の対決に挑む姿を描く

あらすじ

ロッキーの指導の下、世界チャンピオンに上り詰めたアドニスは、かつて父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴの息子ヴィクターと対戦することになる。ヴィクターの反則行為により試合には勝利したものの、納得のいく勝利を飾ることができなかったアドニスは、心身ともに不調に陥ってしまう。やがて婚約者のビアンカが出産して父親になったアドニスは、ロッキーから父親という存在の大切さを諭され、しばらく一線から遠のくことに。しかし、「ボクシングこそが自分そのもの」と気づいたアドニスは、ヴィクターとの再戦を決意する

映画.comより

この映画

めちゃめちゃ面白かった!!

映画が好きとか言っておきながら、実はロッキーシリーズを1作品も見たことがないのです汗

「そんな人間が映画好きとかほざくな」と言われるのを覚悟で感想を一方的に書こうと思います汗

日本では2019年1月11日に公開され、どんだけ時間が経過してるんだ!!怒

という感じですがブログを開始したのがこの時期だったので、かなり鮮度が低いですね苦笑

前作クリード チャンプを継ぐ男で、ロッキーシリーズを観ていないのに、大ファンになった僕

武者震いアンド号泣

そして僕だってやってやるぞ!!!

(何をやるんだ!?笑)

こんな熱くなった映画は久しぶりでした!

クリード チャンプを継ぐ男に関しては初めは観る気が無かったのです汗

なぜならロッキーシリーズを1作品も観てないから苦笑

どうせロッキーシリーズを観ていないと物語の内容がわからないだろう

そんな感じでした汗

ではなぜ鑑賞する事になったのか…

それは完全に

町山さん宇多丸さんのおかげ

この一言に尽きます

このお2人のがいなければ、この映画を鑑賞することは無かったですね!

ロッキーシリーズは観ていないですが、なんとなくの内容はわかるくらいです

例えば生卵を飲んだり、階段駆け上がってガッツポーズ、そしてエイドリアァァンと叫ぶ

けっこう知ってるでしょ!?笑

あとは町山智浩さん、宇多丸さんの解説を聞いて得た知識です!!

とにかく“クリード チャンプを継ぐ男”最高に熱くなった映画です!!

クリード チャンプを継ぐ男のお話はまたどこかでしたいと思います!!

皆さんも是非見てください!!


では前置きはここまでにしてクリード 炎の宿敵の感想そしてネタバレです

まずクリードの続編があると聞いて、僕はめちゃめちゃ期待し楽しみにしてました!!!

しかしライアン・クーグラーが監督では無いと聞き、続編作って大丈夫かぁ??と勝手に不安になっていました

しかし映画を鑑賞して、始めにチャンピオンになったシーンで僕は泣いていました笑

そして新しく家族が増え、幸せいっぱいのところでの、ドン底に落ちる泣

マイケル・B・ジョーダンがスタローンの前で泣いてしまうシーンで僕も一緒に泣いてしまいました笑

宇多丸さんの言葉で言うところのマイケル・B・ジョーダンのべそは絶品、ご飯何杯でもいける

あんなに強い男がメソメソ泣くって堪らんって感じです

映画が始まってまた序盤なのに何回泣くんだ!!

もう生理的に泣いている

そのくらい序盤で心をガシッと掴まれました

まぁでも今回はドラコ親子がいい味を出してましたね

とくにドルフ・ラングレンが最高に良かったですね!!

ロッキー4を観ていない僕ですが、映画を観てればなんとなくの過去が想像できますよね

ドラコはロッキーに負け国から追放される形で全てを失った

俺の人生最悪だぁぁぁ!!

そんな悲壮感の中、息子をボクシングをする為だけのマシーンに育てあげていく

また泣けてしまいますよね号泣

でも僕はやはりアドニスにもう1度立ち上がって欲しい!!

親の事は頭から切り離して、自分の為に

そして家族の為に立ち上がって欲しかった

娘を抱え夜のジムでアポロの写真をバックに決意するシーンで涙腺が崩壊してしまいました大号泣

そこから笑っちゃうくらいの荒唐無稽な外連味溢れるトレーニングシーン

笑っちゃうけど男なら誰が観ても燃えるはず!!

アドニスの肉体美がすごく美しかった!

(僕は男ですが、そっちの趣味はありません!!)

個人的にタイヤに片足突っ込んで近距離で殴り合うトレーニングは漫画を見てるみたいで最高でしたね!!!

そしてドラコの息子との再戦アンド敵地に乗り込み!!!

敵地乗り込みは、ロッキー4でもそうだったらしい(観てないからわからない汗)

最初にドラコ息子と闘った時にも思ったのだが、同じ階級なのってくらい身長、体格が違うところはボクシング素人の僕にはハテナ?が浮かんだ

しかしなんだかんだあったが、アドニスはしっかり試合に勝利!!

そしてロッキーのあの曲も流れるし

最高の勝利だねgood

しかしアドニスの勝利よりも素晴らしかったのが、ドラコがタオルを投げた事!!

ロッキー4でアポロを目の前で殴り殺され、タオルを投げられなかったロッキー

この瞬間ドラコはロッキーを超えたと僕は思った!!

いろいろ言ってきたが、ここがこの映画の最大の見せ場だと感じましたね!!!号泣

本来なら適役であるドラコ親子が主役に見えるシーンであったと思う!!

とにかく最高に熱い映画でしたね!!!

監督がライアン・クーグラーではなくて、不安に感じていた僕は自分が恥ずかしかったし

監督のスティーヴン・ケープル・Jrに謝りたいです汗

だからと言って不満が0なのか

と言われたら嘘になる

例えば

1試合ワンカットでの撮影がなかったこと

やっぱり観たかったなって思った

でもそこはスティーヴン・ケープル・Jr監督の持ち味が違うところにあるってことなんだと思いますね

あとはドラコの元嫁さんが、ドラコ息子が負けそうになると、知らんぷりで帰ってしまう泣

酷すぎるだろ!!!

息子が一生懸命闘っているのに、最後まで見ないなんて

クソババァァーー!!!!って叫びたくなりました

それだけドラコ親子にも感情移入してしまったのだった笑

DVD出たら買いは決定です!

また続編も作ってくれるのを期待しています!!

サントラの楽天のリンクを貼っておきます↓↓↓

キャッシュゲットモール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です